2015年11月1日 マーシュ師日本宣教60年感謝会

本日午後、愛餐の時、ささやかですが感謝の会をもちました。
 バーニ・マーシュ先生が貨物船の長旅で米国から60年前の10月来日され、以来日本のために伝道してこられたことは、どんなに感謝してもしきれません。マーシュ先生を遣わしてくださった神様に感謝し、主の御名を崇めます。
 通訳の川島輝子師との出会いや、お二人が21回もの引越しをしながら各地で教会をたて上げ、日本人牧師に引き継いでこられたこと、たくさんの実として牧師、宣教師が先生方から生み出されました。
 先月、10月11,12日浜松にて、「宣教聖会」が開催され、京都、浜松、掛川、そのほか先生方のゆかりの教会メンバー延べ200人近くが集いました。講師は、カナダから竹田亮一師、米国からデビット・ウィルソン師が来日され、宣教の報告とこれからの予定も聞くことができました。マーシュ師の宣教の熱い思いを受け継いだ先生方です。集った者も同じ熱い思いをいただき、祈りを持って宣教に参加していきたいと、思い新たにされました。
 マーシュ師、川島師は当教会に来られて1年半、私たちも先生方の熱い思いをいただいて、ともに歩みたいと願わされています。(清水記)